ANAマイル|人気路線の特典航空券発行方法|ホノルル線等

マイル入門

ANAマイルを保有している方なら、『希望路線に空席がなく、特典航空券が発行できなかった』という経験をされた方が多いのではないでしょうか。ANAマイルはJALやその他航空会社に比べると、特典航空券が発行しづらいです。特にホノルル線(ハワイ)は激戦区で一年先でも混雑期は予約ができないほどです。今回は、そうした激戦路線(主に国際線)で予約をしやすくする方法について解説します。また、激戦路線でなくてもこの方法を知っていると航空券が発券しやすくなりますので、ぜひご活用ください。


■ ANAマイルは航空券がとりづらい!?

現時点(2019年4月)で、約1年後の2020年3月の連休のホノルル線の空席状況を確認してみました。その結果、ご覧のとおり全線空席待ちの状態となっていました。予約開始から2,3日しか経過していませんが既にこの状態です。お盆やGW、年末年始はさらに激戦となることが、この結果から想像できます...

過去には...
以前、年末年始のホノルル線特典航空券を発券開始と同時に申し込みをしたことがあります。その時は発券開始15秒ほどで申込完了ボタンまで到達しましたが、すでに空席待ち状態となってしまい、予約を完了することはできませんでした。1年後の予約にも関わらず15秒で完売は異常な早さですよね。

■ 朗報|発券確立を上げる方法はあります

激戦路線では、異常な速さで完売するANA特典航空券ですが、発券確立をあげるためのコツや方法がいくつか存在します。順番に解説していきます。

0|事前に発券ルールを確認しておこう

希望路線の特典航空券を発行しやすくする方法を紹介する前に、ANAマイルでの特典航空券に関わるルールをおさらいしておきましょう。

その1|発券期間
・発券は、搭乗355日前(出発日含まず)の午前9時(日本時間)から、出発の96時間前まで
 ➡ただし、提携航空会社の場合、発券開始日は異なります。
その2|予約内容
・発券は、全旅程(往路・復路)を申し込む必要があり、片道での発券はできない
その3|発券手数料
・発券手数料は、ANAウェブサイトからの予約は無料、電話予約の場合は2,160円
その4|予約変更・キャンセル
・搭乗日と便の変更は無料で可能(航空会社、区間変更は不可)
 ➡搭乗希望便出発の24時間前までの申請可能で、355日先までの日程で変更が可能。

・未使用の場合はキャンセル可能で、払い戻し手数料として3,000マイル/名
 ➡予約済の便の出発前かつご搭乗希望便出発の24時間前まで、キャンセル可能。
※有効期限内のマイルのみ払い戻されます。

その5|利用除外期間
・ANA国際線特典航空券では利用できない期間は、1/1~1/2のホノルル線エコノミークラスのみ
※2020年3月まで

その6|幼児の利用について

・2歳未満の幼児で占有座席利用がない場合、幼児料金が必要
 ➡マイルは不要ですが、幼児料金として通常運賃の10%を支払う必要があります。

・2歳以上のお子様は、大人と同様のマイル数が必要になります。

以上がANA国際線特典航空券利用時の主なルールになります。これらは今後絶対に必要になる知識ですので、しっかりと理解しておきましょう。


■ 発券確立を上げる6つの方法

1|上級会員となる

発券確立を上げるための方法の一つ目は上級会員となることです。ANAマイレージクラブには、一般会員、ブロンズ会員、プラチナ会員、ダイアモンド会員という4種類のステータスが存在します。そして、なんと特典航空券用の座席数はステータスによって異なり、一般会員&ブロンズ会員<プラチナ会員<ダイアモンド会員の順で座席数が多くなっています。上級会員を目指すのは敷居が高いですが、それだけの価値やメリットはあります。

なお、各ステータスは一年間に獲得したプレミアムポイント数によって決定され、翌年1年間、ステータスが継続する仕組みになっています。

プレミアムポイントとは、1年間にご利用いただいたANAグループ(ANA・エアージャパン・ANAウイングス)、スター アライアンス加盟航空会社およびスター アライアンス コネクティングパートナー運航便のご搭乗分について、マイルとは別に積算されるポイントです。

2|往路の日程で予約

2つ目の方法は、往路の日程で予約してしまうという方法です。通常、航空券を発行する場合、希望する行きと帰りの日程をそれぞれ入力して航空券を発行しますが、人気路線の特典航空券を発行する場合、行きの日程で往復を予約してしまいます。ANAの特典航空券発行のルールでは、渡航日の355日前から特典航空券の発行ができ、国際線の場合、片道での予約はできません。つまり、帰りの日程の355日前にならないと航空券が発行できないということです。しかし、帰りの日程を待っている間に行きの空席が埋まってしまいます。

そうした状況を避けるために、行きの日程の特典航空券が解禁されたら、すぐに同日の往復チケットを発行し、その後、帰りの日程の航空券が解禁された時点で、帰りの日程変更を行います。

チェック
人気路線は、解禁数分で空席がなくなります。そのため、往路の日程で往復チケットをとってしまうこの方法は、必ずといって必要になりますので、ぜひ活用していきましょう

実際のWebページで事前に練習を!

特典航空券は、毎朝9:00に355日後の航空券を発行することができるようになります。ANA公式サイトからインターネットで特典航空券を発行する場合は、予約確定までの流れを、実際の公式サイトを使ってシミュレーションしておきましょう。

3|ダミー予約をつくっておく

3つ目の方法は、ダミーの予約をつくっておく方法です。希望日以外で、空席待ち状態の予約しておき、希望往路日の発券開始のタイミングで、希望日に日程変更を行います。

この方法では、変更内容は日程のみなので、新規で発券する手順に比べると格段に、予約完了までのステップを省略することができます。人気路線では発券開始数十秒で空席がなくなり、秒単位の争いになりますので、すごく有利となります。

注意点
ただし、希望日への変更ができず、航空券のキャンセルをする場合、3000マイル/人かかりますので、注意が必要です。最悪、渡航日をズラせる方は、積極的に活用してみましょう。

また、余りにもダミー予約をたくさん入れる行為は、空港会社や利用者の迷惑にもなりますので、ほどほどに活用しましょう。

4|予約開始後のキャンセル待ち

通常、ANA特典航空券の発行は往路355日前の9時から開始しています。ホノルル線などの人気路線の特典航空券は、先ほど説明したように、往路日で往復予約してしまい、復路解禁日の9時にすぐ日程変更するといのが主流な方法です。つまり、9時ちょうどに日程変更をする方が非常に増えるため、キャンセルによって突然、空席が発生することが良くあります。9時から2、3分は希望路線の検索を繰り返し行うことをおすすめします!

また、搭乗日直前にもチャンスがあります。搭乗日の1カ月~2週間前くらいになると、急激にキャンセルによる空席が増えます。ギリギリでキャンセルされる方が結構いるため、搭乗直前は要チェックです。

5|電話で予約をする

特典航空券の発券はwebページと電話からの2通りの方法があります。しかし、特典航空券の座席の確保は、圧倒的に電話予約の方が有利です。オペレータが希望の便を予約開始すぐに押さえてくれるためです。ですが、開始時刻の9時ギリギリに電話をしても混雑していて電話は一向に繋がりません。そのため、別件の問い合わせで9時前から電話を繋いでおき、9時ちょうどに予約をするという方法もあります。

ただしWEB予約の場合、手数料は無料ですが、電話予約では手数料として2,160円/人が発生しますので、ご注意ください。

6|提携航空会社で考える

ANAが加盟するスターアライアンスの提携航空会社のユナイテッド航空にはホノルル線があります。そのため、ANA便が予約が取れなかった場合、ユナイテッド航空で行くという方法もあります。発券開始時期や座席数はANA特典航空券とは異なり、ANA便が取れなかった後でも遅くはありません。
また、提携便のメリットとして、シーズンによる必要マイル数の変動がありません。特にハイシーズンに利用されれば、マイルの節約にもなってしまいます!

日本ーハワイ(提携航空会社特典利用)
Y(エコノミークラス):40,000マイル
C(ビジネスクラス) :65,000マイル
F(ファーストクラス):120,000マイル

それでも航空券がとれなければ
これらの方法でも、航空券がどうしても取れなかった場合におススメなのが、アシアナ航空のソウルーホノルル線です。日本からソウルまでの航空券は別途入手する必要がありますが、ソウルーホノルル間の特典航空券は比較的空席があります。必要マイル数は55,000マイル/人と多少高くはなりますが、繁忙期に日本-ホノルル間を現金で往復する場合、20〜30万といこともざらにありますので、ひと手間かけてソウルを経由しても安く済む場合があります!

■ 朗報|ホノルル線は特典航空券の座席数拡大

2019年5月24日より成田~ホノルル線へA380が投入されます。現在は、B789(座席数:246席)が利用されていますが、A380は520席ということで、約2倍の座席数となります。なお、便数は今まで通り1日3便ですが、順次3機種がA380に変更されることになります。なお、特典航空券の座席枠ももちろん拡大するわけですが、注目なのはファーストクラスの導入です。今まで、ホノルル線に関してはファーストクラスがありませんでしたが、今回からファーストクラスが追加されます。また、ファーストクラスについても特典航空券の発行が可能なので、ぜひチャレンジするのもいいかもしれません。

■ 最後に

今回は、ANAマイルで国際線人気路線の特典航空券を確保するコツを解説いたしました。ぜひ、これらの方法を駆使して、希望の行き先への航空券をゲットしてみてください。今後、新たな情報があれば随時更新していきますので、ぜひご覧いただければ幸いです。


★飛行機でも、海外でもOK!
通信不要で動画・映画を見るなら

「U-NEXT」

「U-NEXT」アプリに動画をダウンロードすれば
通信ができない飛行機や海外でも、動画が見放題!
待ち時間にとっても便利です!

さらに、今なら月額1,990円のところ
31日間無料体験を実施中です

※無料体験中に退会した場合も費用は発生しません。